胃の病気を予防する効果?

胃の病気を予防する効果?

ラクトフェリンには胃の病気を予防する効果があります。
胃の病気として代表的なものは、胃潰瘍と胃がんでしょうか。その他にも胃炎などがありますし、胃痙攣などさまざまな病気があります。
その病気の原因の代表的なものが、ヘリコバクターピロリ菌とストレスです。
これら2大要素が胃の病気を引き起こすということが分かっています。
胃の病気には、命に関わる病気も含まれているので侮ってはなりません。

 

ラクトフェリンは、胃潰瘍や胃がんを引き起こすヘリコバクターピロリ菌に対しての強い抗菌作用があります。
この抗菌作用によって、ヘリコバクターピロリ菌を減少させることができるので、胃潰瘍や胃がんの患者を減らすことに効果があると見られています。
ヘリコバクターピロリ菌についてですが、日本人の50歳以上の約7割、国民全体の約5割が感染しているといわれています。
感染の原因は、不衛生な水や食料、口から口への感染などがルートとされています。
年齢を重ねると感染者数が増えているという特徴もあり、数年前から健康診断でヘリコバクターピロリ菌についての検査が行われるようになりました。(自治体によってさまざま)
このことから、菌に感染している場合は除菌することができますが、薬を飲んだり通院したりと意外と大変。
ラクトフェリンで抗菌作用が可能なのですから、是非とも利用したいものです。