ビタミンB1、B2

ビタミンB1、B2

ラクトフェリンサプリによく含まれている成分であるビタミンB1、B2についての紹介です。

 

★ビタミンB1、B2
もともと、ビタミンB1やB2というのは私たちが食事を摂取することによっても摂取できる成分ではあります。
それをわざわざ配合しているということは、意外とこれらの成分が私たちの体で不足しているからです。

 

【ビタミンB1】
ビタミンB1は、豚ヒレや豚モモ、ハム、大豆、昆布など豚肉をはじめあらゆる食品に含まれている成分です。
この成分の効果については、疲労回復効果やアルツハイマー予防効果、集中力や記憶力アップ効果など幅広い効果が期待できます。
不足することで脚気などを引き起こすので、不足しないようにしたいものです。
【ビタミンB2】
ビタミンB2は、豚肉レバー、牛肉レバー、鶏肉レバーなどレバーに多く含まれている成分です。うなぎや銀鮭にも多く含まれています。
魚の場合は皮に多く含まれているので皮を一緒に食べるようにしたいものです。
この成分の効果については、糖質の代謝を促す効果、肌荒れや髪トラブルの改善、疲れ目の改善、生活習慣病の予防など幅広い効果が期待できます。

 

ラクトフェリンの効果は幅広いですが、ビタミンB1やB2も幅広い効果があり、重複している部分が少ないことが言えるので身体全体の健康を考えるとラクトフェリンの不足している部分をビタミンB1やB2で補うような印象を受けます。